昨日に続いて病院通い

呼吸器内科の定期受診日なのに、友達に誘われて午前中は、
フランス語で「さくらんぼの実る頃」を歌うワークショップに行ってきた。
何しろ講師がパトリック・ヌジェさんという本物のフランス人歌手。

歌は、1コーラスをフランス語で歌って、2,3番を日本語で歌うという形。
集まった殆んどの人は、シャンソンはかなり歌っているようだが、
フランス語は初心者の人が殆どだったようだ。

私だって、若い頃は何処よりもフランスに行きたいと思っていたから、
ラジオのフランス語講座を聴いてたりした時期もあったのだけれど、
初めて行ったヨーロッパがイタリアで、そっちにすっかり嵌ってしまった。

それでもシャンソンはず〜っと好きで、
今でも1度はパリに行きたいと思っているのだが、
このところのテロ続きでは、もうヨーロッパは無理かも。


IMG_9127_20160323024246463.jpg

たっぷり2時間のワークショップが10分も押してハラハラしたけど、
病院には予約時間ギリギリで着いた。
今回は採血して、ゾレアの問診済んだところでお昼を食べに行った。

血液検査の結果が出たところで診察。
検査結果は
いまひとつすっきりしない私の症状に、
先生はゾレア効果も頭打ちと思ってらっしゃる。

これから出てくる新薬に密かに期待しながらの検査だったけれど…
スギ花粉症がひどくないのも、夏の蚊が前ほど痒くないのも、
ゾレアのおかげと思っている私は、本当のところゾレアをやめたくない。
ま、新薬提案されたら、とことん突っ込んで訊いてみよう。

IMG_9128.jpg

「パンフレットできたから読んでみて」と渡されたので、
この間、患者会みたいとこで説明会があるって誘われたけど行けなかった、
と言ったら、そういうのは是非行って!と言われた。

帰って調べてみたら、患者会といより大気汚染問題などのNPOだった。
でも、喘息やらアレルギーやらのこといろいろ為になりそう。
喘息治療で有名な先生なども引っ張り出されてるみたいなので☑️


寒いながらも低め安定⁈

IMG_9032.jpg

昨日今日と冷た~~~い日が続いている。
今日は、録音室空いたからと連絡もらってお昼過ぎに出掛けたのだけれど、
とにかく空気が冷たくて手も顔も冷たい。

不思議なことに、この2日間気管支の感じは悪くない。
だいたい私は、冬場は割と安定するタチなのに、今年はなんだか変だったのだ。
ふと気がついて天気図見たら、完璧な西高東低なのですね~

つまり、やっと普通の冬になったってこと⁈
寒さがいけないのでは無く、前線が行ったり来たりとか、
低気圧がウロウロしたりとかがダメなんだ。

とはいえ、昔に比べたら嘘のように安定しているのだけれど…
でも、年齢的には基礎体力は落ちる一方なのだから油断はできないけど…

鼻づまりもないし、声も安定して出てるから、録音も結構捗っている。
明日第4月曜日は図書館の休館日だし、月が替わると、
また雑誌のお当番さん優先になるので、録音室は当分満室状態。

校正後の直しに朝から行ってた仲間が、
午後から空く部屋があるとメールくれたので、ありがたく駆けつけた。
あとは7日の雑誌編集会議が終わるまでは焦っても仕方ない。


呼吸器内科定期受診

午前中は音訳の勉強会だったが、あろうことか講師がインフルエンザ。
代わりにちゃんと準備をしてきてくれた心強い仲間がいて、
期待していた内容とは違ったものの、それはそれでみんな満足。


IMG_8921.jpg

午後は呼吸器内科の定期受診。
昨夜PF値のグラフを準備していて、この4週間ずっと低いままなので、
季節的なものかと昨年1昨年のデータを見てみてら、今年悪すぎ。

異常気象のせいなのか、私の基礎体力が下り坂ってことなのか、
ちょっとショックだったけど、聴診でも喘鳴なかったし、
診察後ネブラーザーしてもらったらだいぶ楽になった。

ネブラーザーでよくなる程度なら、薬はこのままで行こう。
4月にはまた新薬が出るので、変えてみるのもいいけれど、
好酸球の数値が、あまり高くないから適用にならないかも。

来月血液検査してみての結果次第ということになった。

IMG_8924_201602172334509f4.jpg

「chiaraさんてiPhone?」
「昨夜アプリ見つけましたよ〜」

大概、ほとんどスキップして<同意します>クリックしちゃうけど、
今回はしっかり読んでいったら最後に先生の名前が出てきた。
とはいえ、後でゆっくりとと思って、そっから先はまだ見てない。

IMG_8922_20160217233449911.jpg

体調万全でないと、お夕飯も考えがまとまらないから、
あれもこれもと買い込んで、タクシーで帰ってきた。
村上隆の五百羅漢も横浜のコレクションも見に行きたいのに大丈夫か…



雪は降らなかった

P1300291yiki15.jpg

昨年の同じ日の風景です。
そして昨日の予報では、今朝もこんな景色のはずでした。
なのに、気配すらなくどうやら夜通し雨だったようで…

IMG_8770ume.jpg

資源ごみを出しに外に出たら、まあ、手の冷たいこと。
そんな冷たい雨の中、梅が見事な満開。
また始末の窮するほど収穫できるのか、楽しみだけれど大変だ〜


毎週土曜日に来るトラックの八百屋さんが、
雪になるからと早々にお休みしちゃったので、
買い出しに行かなくてはと思っていたのだけど、 
朝からやけに背中が痛いと思ったら、PF値がガクンと下がっていた。

娘弐が買い物に行ってくれるというので、自室で引きこもり。
明後日2歳になるタッチュの足音が居間からトコトコトコトコ、
絶え間なく聞こえるのが子守唄のようで爆睡した。


今日は喘息記念日

IMG_8013sora.jpg

うんざりしていた雨は北に上りながら大きな被害をもたらしている。
テレビに映し出される映像は3.11を思い出させ辛い。
磐石と思っていた堤防が欠壊するのだ。
人の知恵など自然界にどれほど通用するものだろうか?

今日は私の喘息記念日。
2002年、初めて呼吸器内科を受診して「喘息だと思うよ」と言われた。
夏の終わりかけにまた咳が止まらなくなったので受診したのだけれど、予期せぬ診断だった。

下の娘が小児喘息だったので、知っているつもりだったのだが、
症状は随分違っているように見えたから、まさかと思った。
本を漁り、ネットで探り、行き着いたのが金沢の清水巍先生のサイト。
メールで質問をすると、直ぐに丁寧なお返事が返ってくる。
サイト上のいろいろな方の質問や体験を読み、
何とかなっとくというか受け入れられるようになるまで半年かかった。

丁度その頃、初診からお世話になっていた呼吸器内科の先生が、

「あとは、喘息専門の先生に頼んでおきましたよ」

と、千葉県にある同じ付属病院に移動された。
それからは、途中海外にいらしていた2〜3年間を除いて、
ずっと同じ先生にお世話になっている。

そして、その時始めた喘息日記が今のブログに繋がる。
ピークフロー値は、その頃は200いくかいかないかだったが、
今や、350はクリアして400を目指す。

喘息の完治はない。
寛解を目指す。
清水先生の元には、走ったり山に登ったり、
海外旅行を楽しんだりしている喘息患者たちが集まる。
10月の東京の会には出たいと思っているのだが・・・


プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム