都電の新型車両

IMG_8441toden.jpg

風の強い朝、図書館に向かう途中、DEBUTと札を下げた都電に出会った。
おっ、また新型ね
自動車優先で次々廃止された中、たった1つ残されたこの路線。

今や地元の人ばかりでなく、わざわざ乗りに来る人も多く、
レトロなタイプも含め、次々新型車両が投入され、
撮り鉄さんの姿もおおく見られる。

編み目のように張り巡らされた地下鉄は、
乗り換えが分かりにくかったり、階段の上がり下りも大変で、
どこへも都電で行けた時代が懐かしい。

何より、地下に入ってしまうと、自分が今どこに居るか分からない。
都電の頃は、窓から停留所の表示を見ては街の名を覚え、
同時に、さまざまな街並みを楽しんだものだった。

今は江戸の人の生活をしのばせるような町名も殆どなくなって、
地下鉄下りて地上に出れば、先ず、ここはどこ?
とキョロキョロしなくてはならない。

斯くして、東京に住んでいながら東京を知らない。
1300万都民みんなお上りさんになってしまった。


ちょっと一息

昨日までの4日間、連日1万歩超えの数字に驚く。
特に昨日は長距離移動で11時過ぎの帰宅で、
流石に今朝は身体が重い。

それでもお昼過ぎに宿六が出張で出掛けて1人になったので、
昼寝できるかと思ったが、裏の家の子どもがメチャ騒いでいる。
普段は余り気にならないのに眠れない。

IMG_8121lunch.jpg

散歩がてらJKのバースデイケーキを頼みに行く。
序でに遅めのランチして、
近くで週末ギャラリーをやってる友だちにクッキーを少し買う。

シェフがこっそり「今度の水曜日TV出ます、見て下さい」
帰って調べたら日テレの昼ワイドらしい。
見損ないそうだからビデオ予約した。

IMG_8122tokoya.jpg

廃業した小さな床屋をそのまま借りて友だちが始めた床屋ギャラリー。
週末金土日だけの開催だが、もう何年になるだろう。
案内を戴いているのだが、なかなか行けないときが続いてた。

shashinten.jpg

居合わせた今回の出展者の1人、兼岩瑤子さんに紹介されて、
以前の個展の作品集を繰りながらすっかり話し込んでしまった。
絶えず被写体を求め、チャンスを狙い、思い三脚にレンズ一式。

60歳から写真学校に通い22年間。
もう脚もダメだしと仰るが、表情に諦めた様子はない。
ここにも、素晴らしい人生を送っている女性の先輩がいた。

IMG_8123sora.jpg

この季節の空がきれい。
夕暮れ時、ほんのり差す赤味が何故か嬉しい。


見〜つけた!

雨の降る日、歯医者の帰りに気になっていたカフェを見つけた。
何が気になったかといえば、住所がどう見ても知人のビルだったから。
でも、何回か前を通ったときには何もなかった。

IMG_8069kokuu.jpg

この日は、階段の下に可愛い看板が出ていたので、
ああ、やっぱりと電話をしてみたのだが知人は出なかった。
こんなに可愛くてやさしいお店の名前、どんなお店なのか階段を上ってみた。

IMG_8074kokuu.jpg

うぐいすと穀雨

階段の上、ガラスの向こうに、美味しそうなパンが並ぶ。
もう一度電話を入れてみてお会いできたらと思って、
窓際の2人席に座った。

メニューを持ってきた可愛らしいお嬢さんに事の次第を話したら、
「私、孫です」と仰る。
そして、いると思いますからと電話して呼んでくださった。

私は携帯の方にかけたので気がつかなかったのかも知れない。
間もなくいらして下さり、お会いしてなかった3年分の話をした。
雑司が谷大好きお嬢さんのカフェは、暖かくて居心地良かった。

IMG_8070kokuu.jpg IMG_8072kokuu.jpg IMG_8084kokuu.jpg ←CLICK

チャイを戴いて、何種類かのパンを買って帰った。
何遍か前を通りながら見つけられなかったのは、
月〜水曜日のお休みの日だったようだ。
木〜日曜日が営業日で、この間の手創り市の日はとても忙しかったそうだ。




ディープなんだって!

BSプレミアム「TOKYO ディープ!」という番組で、
雑司が谷が紹介されると赤丸さんがツイートしていた。
娘が録画をセットしてたけど、リアルタイムで見た。

IMG_7449zoshigaya.jpg

東京メトロ副都心線が開通して雑司が谷という駅が出来て、
やっと知名度が上がったと思ったけど、
相変わらず街はあんまり変わってないな〜というのが嬉しい実感。

それがここへ来て、メディアに露出することがちょこっと多くなった気がする。
それも、誰ぞが申請して未来遺産とやらに日本ユネスコから指定され、
マンション載せた区役所(クヤクションというそうな)が話題になって・・・

IMG_7268kuyakusyo.jpg


それでもまだ、変わるような気がしないこの街はやっぱりDEEPなのか。
確かに、この番組見てて40数年住んでいる私も、

「へ〜、こんなとこあるんだ」
「この店、まだあったの〜?」
「ここはこんな風になってるんだ〜」

とまあ、これまで放映されたものとはひと味違ってて、
結構面白く見てしまった。


再放送は 6/26 午前6:30〜7:00 7/12 午後2:30〜3:00


掘ったら出る

今朝は昨日より更に涼しい。
雨の予報も出ているので、傘がいる。
初めて担当する雑誌の録音で1日籠もる予定なので、
水筒も入ってバッグが重い。

図書館の入ったビルの隣に数台程の、
小さな時間貸し駐車場があったのだが、
最近囲いが出来て、ビルが建つのか工事が始まっていた。

IMG_7313iseki.jpg←clickで大きくすると読めると思います

今日、お昼に外に出てみたらその囲いに何か掲示がある。
近寄って見たら、どうやら埋蔵物が出てきて発掘調査中らしい。
鷹匠の屋敷跡だったという。

IMG_7311iseki.jpg

雑司が谷霊園のあるところは、お鷹部屋跡というし、
目白通りを少し行った先は、お鷹場だったというし、
江戸時代くらいの遺構はあちこちにあるようだ。

そういえば、いつぞや小学生の孫が、
校外活動で鬼子母神の清掃をしていた時、
先生が何かに躓いたので、みんなで掘ってみたら、
大きなお皿が出てきたという。

住職に預けたところ、後で250年前のものだと判かったそうな。
鬼子母神は昔は大層な賑わいで、料亭なども建ち並んでいたらしいから、
こうした食器やかわらけなどの出土は多いらしい。

お昼にもポツポツしていたが、夕方からかなりの降りになった。


プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム