花粉症が戻ったようで…

IMG_0901.jpg

今日もまた風が冷たく寒いというので、
相変わらずの冬支度で出かけました。
おまけに、ほとんど忘れていた目の痒み、鼻水、重苦しい頭痛。
そして昨日からの声の異変。
朗読セミナーでは、もっと声を出しましょうとご注意。
いやいや、出ないのは多分花粉のせいで、自分でもびっくりなのです。

5年間続けた喘息治療薬ゾレアをヌーカラに変えた時から、
懸念していたことではあるのです。
そもそも私の気管支喘息は、ひどいスギ花粉症から始まったのであり、
アレルギー抗体に働くゾレアのおかげで花粉症から解放されてたと思われ、
更には、蚊に刺された時のひどい痒みや蛾の被害からも逃れていたのです。

どうも、息苦しさがいまいち取れないからと、ヌーカラに変えて4ヶ月。
こっちは好酸球の数値を下げる作用で、鼻周りがスッキリして、
匂いの感じ方も敏感になり、呼吸は断然楽になったのです。
ところはがシーズン到来で、途端に、やっぱりという花粉症の復活。
今年はまだ、花粉の量が多いとは聞いてないのに、症状が…
夏に向けて、蛾や蚊はどうなのか、心配になるところです。


そんな声でも、今月は久々の雑誌録音当番。
なるべく短いものをで勘弁を…などと目論んで編集会議に行きました。

1265_p.jpg

今月の目玉は又吉直樹氏の新作300枚。
録音時間は360分にもなる計算で、90分ずつ4人で分担します。
読み人が変わることでの違和感を少しでも減らす為の人選も考慮します。

話題の村上春樹の新作の書評もあります。
長いこと連載したあと、最近単行本で出版されて話題になっている、
梯久美子の島尾ミホ伝「狂うひと」の書評も外せません。
550分で編集しなくてはならないので、
あとは連載中のものを入れて今号はいっぱいです。

単行本の読みと校正は孤独な作業ですから、
たまにはこうして大勢でワイワイしながらの作業も楽しいと、
改めて実感した日でした。

大失敗も友との語らいで…

土曜日の朝は、大概ホームベーカリーで焼いたパンと決まっている。
前の晩にタイマー入れて置くのだけれど、忘れて寝てしまい、
明け方、慌てて寝ぼけ眼で仕掛けることもある。

でも昨夜は、わりと早い時間仕込んだので寝ぼけていたわけではない。
が、今朝開けてみたら…底の方に縮まって
イーストを忘れたのだ〜

IMG_0888.jpg

みんなが起きてくるまでにはまだ時間がある。
大急ぎで、早焼きメニュー(2時間)でやり直し。

さて、再び焼き上がりの時間が来て、
いつものようにふっくらいい色に仕上がっていると信じて開けてみたら…
お釜の底の方に種がぐじゃぐじゃと固まり、周りが黒く焦げている。

このホームベーカリー、2010/05に買ったので間もなく7年になる。
SNSなど見てると、早い人は3年とかでダメになったり、
5年以上使ったという人はめったに見ない。

仕方ない、機械の寿命?
でも、早くダメになる人って毎日使ってるんじゃない?
我が家は、週1度使うとして年間約50回、
7年でもたったの3500回ということだ。
「それはちょっと壊れるの早すぎるよ〜」と、夫まで参入。

機械モノって、長く使わないでいると壊れ易いというけれど、
週1でほぼ規則正しく使ってるよいうことは、
機械にとって決して悪いことではない。

結局、最初に焼きあがっていた種無しパンの中に、
撹拌の羽が埋まったままになってるのを発見して原因は判明し、
2度目を焼く時に羽がセットされてないことになんで気がつかなかったか。

あわてん坊で、オッチョコチョイで詰めの甘い私。
今始まったことではないと重々承知しているけれど、
やっぱり歳かな〜と落ち込んでしまう。

富んだ1日の始まりだったけれど、夜はフグを食べに神楽坂に出かけた。
数日前に教会の友達に誘われて、私の人生3度目のフグ。
初めて食べたのは、子供のPTAのお付き合いで、
2度目は2000年に母と旅行した時門司港で食べたのだった。

高いお金出してまで食べたいと思わないできたけれど、
リーズナブルなお店だからと誘われ、
四旬節だけど水曜日のミサに預かってないから、
灰をいただくのは明日だから…なんて言い訳しながら、
5人でお鍋囲んでちょっと贅沢してきました。


Created with PhotoShake for iPhone.


お昼はカフェランチ

サンシャイン

サンシャインも、平日は空いてます。
まあ、3時過ぎくらいになると学校帰りの高校生とかが来ますけど。。。
アイドルの登竜門とかいわれている噴水広場も子供のステージです。
スクリーンの音楽に乗って気持ちよさそうに踊ってます。

午前中は気管支の状態が良くないことが多くて、
録音はいつも午後にしていたのですけれど、
注射を変えてから、朝の調子が良くなったような気がしていて、
たまたま空いてた今日の午前中に予定を入れておきました。

行ってみると、午後も同じ部屋がキャンセルされたのか?
空いていたので、ラッキー!と久々の1日通しになりました。

ランチ

お昼はサンシャインまで出かけ、カフェ・ラ・ミルでサラダランチ。
ここは、ついてくる小さいパンが美味しいし、
ロイヤルミルクティーが好きなんです。
ついついゆっくりしちゃって、
帰りに成城石井で紅茶買うつもりだったのにすっかり忘れました。

2時くらいに録音室に戻って、1ファイルは終わらせるつもり。
ところが痰が絡み始め、入れ直し入れ直しで、
それでもなんとか4時前には予定通り終われたのですが…

昔は、1日でテープ1本90分入れたこともあったんだけどな~


友に逢い、海を見て…

沼津港

膝を痛くしてからは、出かけるのは慎重になってしまいました。
まだ、出かける時には湿布&サポーターを欠かせませんが、
ちょっと暖かい日になるとどこか行きたいな〜とウズウズしてきます。

そんな時に舞い込んだ1枚のハガキ。
いつか「写真を始めたの」という小学校の時の友達からでした。
もうこれは絶対に行かなくちゃと、図書館の休館日24日に行くからと、
メールをしたら「未熟で恥ずかしいから来ちゃダメ!」と意外な電話。

私は、写真だけでなく美術や音楽とか踊りとか、ただいま勉強中、
という方の作品を見たり聞いたりが、結構好きでよく出かけます。
それに今回は長く電車に乗るというのも久しぶりの楽しみでもあり、
何がなんでも行くつもり、たまたま会えれば嬉しいけど、
気にしないで欲しいと言ったのです。
彼女も観念したのか駅まで迎えに来てくれるという嬉しい返事。

何しろ私の頭の中は鈍行乗り継いで行くつもりなので、
正確な到着時間が分かりませんから、乗ってからメールで連絡です。
こんなわがままなスケジュールに付き合ってくれるという友達。
感謝と嬉しさと楽しみ抱えて、ラッシュアワーの電車に乗りました。

快速というのを選んで乗ったのですが、ホームでまず遅れのアナウンス。
かなりのすし詰でしたが、ほとんどが都内で降りるだろうから、
しばらくしたら座れるだろうと思いながら発車を待っていました。

ところが反対ホームに入ってきた各駅停車を先に発車させますという。
急ぐ人たちがバラバラ降りて、向こうの電車に乗り移って少し空きました。

そして発車を待っていたら、
あろうことかまた反対ホームに電車が入ってきて、
それもまた先に出すというので、さらに何人かが乗り移って行って、
ゆうゆう座席確保して、20分以上遅れての発車となりました。

途中はかなりのスピードを出していたので大揺れでしたが、
遅れを取り戻すのはなかなか難しかったようです。
ですが、私は、次の乗り換えの待ち時間が短縮されて、
結果的に、ほぼ予定の時間に着いたという顛末。

改札で待っていてくれた友達の車で、早速写真展の会場へ。
おしゃべりしながら先生やお仲間の作品もゆっくり拝見してから、
港の近くのお寿司屋さんで地元のお寿司をいただきました。

沼津 寿司

お店の休憩時間までおしゃべりして、港の近辺をぶらぶら。
朝出てきた時は、真っ青な空でしたが、怪しい雲行きです。
昨年から、どうも相性の悪い富士山は今日も姿を見せません。

沼津 船 沼津港 (2)

時間がまだ少しあったので、千本松原に連れてって貰いました。
半世紀以上前に、遠足で行ったのか何人かの仲間で行ったのか、
記憶は定かでなく、しかも、自転車で行ったような気もしていたのですが、
いくらなんでもそれは距離的に無理。
私の思い出なんて、いろいろ交錯したりぼやけたり、
あてにならないものです。

沼津 千本松

千本松原と言いますが、びっしり植わってて、
もちろん1000本ポッキリなんてことはありません。
聞くところによると、沼津から田子の浦あたりまで10kmにわたり、
30数万本はあるそうです。
それでも松食い虫の害などで、少しずつ減ってるのだそう。

越前高田の松原のような悲しいことにならないように祈りながら、
いつか背景に富士山を置いた姿も見てみたいものです。


旗日だなんてだ~れも気づかない

沈丁花

孫のJKはいつも通り土曜講習で学校に行きました。
娘2は、3歳児の予防接種にかかりつけ医に行くというから、
途中のクリーニング屋さんに持って行くものを頼みました。

夜になってわかったこと。

JKはいつものバスが来ないので、間に合わないからと、
1度戻って自転車で学校に行ったこと。
お医者さんはお休みで予防接種が出来なかったこと。
でも、クリーニング店は開いてたとのこと。

影の薄い建国記念の日です。
制定された当時建国記念日ではなく建国を記念する日なのだと、
無理やり納得させられたような感じで決まった記憶。。。
そして、毎年祝賀会と反対する会とが報道される不思議な祝日だけど、
我が家では、特に反対とかというわけでもなく、
どうやら未だに認知されてないという…

白いものがチラチラそして火事

相変わらず寒い日が続き、全国各地の大雪が報じられてます。
11月の早い時期に、初雪があったきりのこの辺りも、
今日はとうとう白いものが舞いました。
と言っても、ほんの一瞬のことでしたが…

火事

お昼ちょっと過ぎ、ウ~という車の音がして、
大きな声が裏の通りから聞こえました。
おやっ?と思ったのですがよく聞き取れないまま静かになったのですが、
今度は、上空を飛ぶヘリの音が…
首都高も近いので、珍しいことではないのですが、
かなり長い時間でしたから、やはり、何かあったのかな?と思いました。

暫くして「火事見たいよ」と、
娘が煙の上っているスマホの写真を見せにきました。
なんだか見覚えのある街並みの後ろに煙が上っています。

私も探ってたら、近くのパン屋さんが、
前の道が消防自動車で大渋滞起こしていると呟いています。
近くのようですが、何処だろね?

寒い日は家を出たくないと思っていたんですがそうもいかず、
ちょっとした買い物があったので家を出た瞬間、
なんだか焦げ臭い匂いがします。

すると路地を出た細い道に、小さい消防自動車が止まってます。
これは思いの外火事は近いかもしれない。
その消防自動車から伸びてるホースを辿って行くことにしました。

近所の人に出会ったら、
「Sさんちのあった辺り見たいよ」と言います。

こちらに歩いてきた消防士さんに尋ねました。
「もう鎮火したのですか?」
「まだ鎮火はしていませんが、くいとめました」
と、ホッとした表情です。

歩行者は通れるようなのでそのまま行きました。
坂の途中からホースがやはり元Sさんちの前を、
横の方に伸びているようです。
確かあのあたりは、30年以上前に建売が何軒か建った所。
その中の1軒には、娘1の友達もいたけど…

まだ近づかない方がいいだろうと、そのままやり過ごしましたが、
夜のニュースでは、90歳以上の方が1人亡くなられたとか報じていました。
お一人暮らしだったのか、家族はたまたまお出かけだったのか…
類焼家屋がなかったようなのが不幸中の幸い、なのでしょうね〜


充電ケーブルの寿命

節分、立春を過ぎた頃は、結構ポカポカしてたのに、
今週に入ってまた一気に冷え込んでいます。
週1で5回の後、2週間ごとに2回の注射で、
ずいぶん痛みが取れてきていて私の中ではすっかり春気分だったのですが…
やっぱり寒いとダメなんですね〜
ついでに気力も減退して部屋がまたぐちゃぐちゃです。


P1000287.jpg

iPhoneの充電ケーブルを繋ぐと、なんやらピンというような音とともに、
「アクセサリーが・・・」と警告が出ます。
外して差し直すと治ったりまた鳴ったり。

ちょっと頻繁になってきたのでよく見ると、
なにやらiPhoneに差し込む側のジャックのあたりがヨレヨレしてます。
これは断線?

娘に話してみると、この箇所がダメになるのはよくあるので、
補強された純正でない製品が幾つも発売されているそうです。
ただ、純正品以外は種類が色々あるので、
私などは選ぶのが難しいというか、めんどくさいな〜と思うのです。

先代のケーブルは静岡の家に置きっ放しだし〜
というか、置いてきたのが新しい方かも…

ふと、思い出したのがiMacにマジックマウス用についてきた充電ケーブル。
これはiMacに付けっ放しになっていて、
実は今のiPhoneはバックアップも専らiCloud任せで、
滅多に母艦に繋いだことないので忘れてました。

IMG_0762.jpg

改めて2本並べてみれば、こんなに色が変わってしまっていました。

買わないで済むことに気を良くして、
日頃娘から忠告を受けている母艦でバックアップもしておきました。
それは、最近、Wi-Fiをなかなか拾ってくれないとか、
すぐ落ちるとかフリーズするとかいう現象があって、
復元を勧められていることもあるのです。

そんなわけで、バックアップとったものの、
それだけでなんか調子よくなったような気がして、
また復元は後回しです。
どうも最近は、一気に何かをやってしまおうという気力がありません。
ブログも下書きばかりが溜まっていきます


昼間のシャンソンライブ

IMG_0750.jpg

上野不忍池を望むライブスペースQui
30年来の友人平野さんのライブがあったので、
近所の友人を誘って行ってきました。

これまでは大概夜でしたし、1人で行くことが多かったのですが、
今日はお友達と一緒でしたから、少し早めに行って、
お昼をご一緒することにしました。

この辺り、老舗の洋食店も和食の店も幾つかあるのですが、
同じビルの1階にある鰻屋さんが美味しいと聞いていたものの、
これまで入る機会がありませんでした。
鰻は、出てくるまでに時間がかかる店もあるので、
ライブの始まりに間に合わなくては困ります。

IMG_0749.jpg

幸いなんとか席もあり、思ったより早く出てきて、
まず、お汁を一口すすって「おいし〜い!」と、
思わず顔を見合わせてしまいました。
うなぎもふっくら柔らかく、タレもしつこくなく、
これは病みつきになりそうね、などと言い乍らいただきました。
写真はうっかりお箸をつけてしまってから慌てて撮りました

シャンソン歌手としてもうベテランでお弟子さんもいっぱいの友人。
歌だけでなくMCもとても楽しいので、盛り上がります。
ジョイントの小松崎さんも、今やいくつもの教室を持って忙しいそう。
大好きなカースやポレナレフを歌ってくれてすごく嬉しかった。




ほぼ日手帳復活

iPhoneを持つようになって、手帳の類とはすっかり縁が切れていました。
ところが最近、何か手で書くというということをしたくなったのです。
そして、古いほぼ日手帳を引き出しの奥から取り出して見てみると、
何だかとても楽しくて、復活させてみたくなりました。

IMG_0729.jpg IMG_0747 (1)

と言っても、何と言っても今の私には結構な重さ、300gくらいあります。
これに、切り抜きやら版権やらを貼り付けていきますから、
持ち歩きは諦めることにして、家で記録しすることにしました。

初めてiPhone3GSを手にしたのは2009年7月13日。
その前の数年間、ほぼ日手帳を使っていました。
それ以前は、システム手帳とか、くお・ヴァディスとかいろいろな手帳を、
取っ替え引っ替え試したいたのですが、これぞというものがなく、
ほぼ日手帳でちょっと落ち着いたところだったのです。

そこにiPhoneの登場。
スケジュール帖、住所録、メモ帖からiPod、ICレコーダーの代わり、
更にはPCのように調べ物までできる小さなiPhoneは、
まさに待ち望んでいたものでした。

ただ、自分が使いこなせるかどうか自信がなかったので、
キャリアの店舗やアップルストアでいろいろ訊いたり、
SNSやネット上のレビューを参考に購入を決断しました。

以来手帳というものからすっかり縁が切れていたので、
今度はどんな使い方になるのか、いわば2本だてで試行錯誤です。
自分の書いたものを読み返して、ちょっとワクワクしてしまうなんて、
やっぱり歳かな〜?なんて思ってみたり。。。


暖かかったり寒かったり

雑司ヶ谷駅

昨日があまりに暖かだったから、
朝から部屋の中で外の風の音を聞いて、
外はどんなに寒いのだろ〜と思っていたけど、
お昼近く家を出たらかなりぽかぽか

午後は1ヶ月ぶりに歯医者の予定。
今は虫歯があるわけでも痛いところがあるわけでもないけれど、
深い歯周ポケットなどというものがあって、
一度体調不良になると痛み出すので、用心というところ。

衛生士さんがその体調のことも、私の噛み癖もわかってくれているので、
先生のお世話になることは滅多にないのだけれど安心。
食いしん坊なので、硬いものが食べられないなどということになったら、
とても我慢できそうのないので、頑張って通っています。

治療終わって、幾つか用事済ませた頃には、
冷たい風が出てきて、予報どうり寒くなりました



プロフィール

chiara

Author:chiara
古稀を大分過ぎたというのに
まだドタバタドタバタ
8人家族のタベモノガカリ
iMac、MacBookAir
iPhone、iPad miniで遊び
時々地元点字図書館の音訳ボランティア
時々地元のまちづくりに顔を出す
建築学科出身のオバーサン
愛車ミニは'91年のキャブ車
今やペット化しつつあり
時々愚痴ります喘息&逆流性食道炎

画像満杯で逃げ出した旧宅は↓
LA STANZA CHIARA

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
ポチッとよろしく!
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
検索フォーム